JAこうか 生産者紹介

新着一覧

小谷三千代

img-208164616-0001
プロフィール
昭和16年生まれの74歳です。10歳の頃から手で田植えをやっていました。その時から、親と一緒に田んぼの隅っこで苗を手にしていました。農業という程ではありませんが、作物を育てるのが好きです。化学肥料は、使い方が勉強不足であまり使用しません。出荷予定は、カボチャやゴボウ、サツマイモ、小芋です。
img-208164607-0001
img-208164638-0001

 

 

LINEで送る

NPO法人 甲賀の環境・里山元気会

img-208164001-0001
プロフィール
2004年にNPO法人を立ちあげ、今年で11年目を迎えた。畑や山は、ほぼ復元を終わり、今後は保全活動を会員の手で継続しながら、子ども達を里山に迎え、自然を大切にすることができる子ども達の育成に力を入れている。そのための活動資金を捻出するために畑に農作物、山には自生するコナラを原木として椎茸栽培に取り組んできた。里芋と原木椎茸は元気会の自慢の産物で、肉厚で香りの良い椎茸と真っ白で粘り気(もちもち感)のある里芋はどこにも負けないつもりである。
生産者ホームページリンク先
http://www.ac-koka.jp/genkikai/
img-208164015-0001

 

 

LINEで送る

岡崎良明

自画像
プロフィール
自動車関係の職業との兼業で、70アールの稲作農業をやっていた時、 自家菜園用の自然薯(短形自然薯)を栽培し収穫、食用にしていました。そして、この栄養価の高い野菜を、比較的安い価格でしかも安全安心の食べ物として、皆様にお召しあがって頂きたく、3年前より本格的に取り組みました。

しかし、土中の作物故、生育途中で変形や生育不良等が起こっていても、収穫するまで確認が出来ない為対策が取れず、非常に歯がゆい思いをしております。

又、年々、データを蓄積してそれなりに対処を施し、滋賀県推奨の「環境こだわり農産物」の認証を得ております。

私が栽培を致しておりますこの土地を、修験道の山であります飯道山の麓、「いいみちの郷」、と呼ばれる所から、この短形自然薯に「いいみちじねんじょ」の呼び名を付けました。

この様に、長芋とは、色・形が似ていても成分は違う様なので、是非ともこの「いいみちじねんじょ」をお召し上がり頂きます様お願い申し上げます。

DSC_0187
DSC_0098

 

 

LINEで送る

谷重利

img-X07144654-0001
プロフィール
55年間職人生活をしており、73歳の時から土地が少しばかりある為野菜を作っておりましたら、友達が花野果市へ出荷したらと言ってくれました。まだ出荷をし始めて一年余りの為、一生懸命勉強中です。少しでも良い野菜を作って行きたいと思います。
img-X07144645-0001
img-X07144704-0001

 

 

LINEで送る

農事組合法人 こうか高野

画像2
プロフィール
(農)こうか高野は、水稲部、麦作部、野菜園芸部の3つの生産部がありますが、我々は野菜園芸部11名で活動しています。男性2名、女性9名で「いちじく、かぼちゃ、玉ねぎ、ねぎ、だいこん」等を生産しています。今後は、少量多種類にも取り組み、地元の新鮮野菜を提供して、近江商人の”三方よし”の精神で取り組みます。
画像4
画像5
画像1

 

 

LINEで送る

中本清治

img-X07144953-0001
プロフィール
私どもがシイタケ栽培をおこなっている甲賀市甲賀町神は、鈴鹿山脈の麓で標高400mの山間地です。1960年よりこの場所で原木シイタケの栽培をスタートし、現在はほだ場1haにほだ木3万本と、間伐材で作ったハウス3棟、原木林4haを所有しています。
<その他>2015年2月に農村漁村文化協会より下記の書誌が出版されています。是非ご覧下さい。『農家になろう⑧シイタケとともに きのこ農家 中本清治』 著者:大西暢夫(写真) 農文協(編)
img-X07145013-0001
img-X07145025-0001
img-X07145039-0001
どんぐりを撒き苗木を植え原木林に育てました。澄んだ空気と清い水、そして暖かな木洩れ日の中で原木椎茸を栽培して、収穫が終わった原木は腐植土として再利用をします。また、ほだ木のために伐採した切り株からは萌芽更新を育てるなど環境にやさしい『循環型栽培法』に取組んでいます。原木シイタケは肉厚で味もよく、またとてもヘルシーなので健康のためにも四季を通じて1日1枚皆様の食膳に是非ご利用ください。
img-X07145052-0001

 

 

LINEで送る

徳田稔

img-X07144904-0001
プロフィール
種苗会社で38年間、技術畑中心に勤務し、今年3月に定年で退職しました。しばらく充電していましたが、9月より花野果市に出荷させて頂くことになりましたのでよろしくお願いします。
●農業を始めたきっかけ
家庭菜園が趣味の一つで若いころから小規模ですが野菜栽培を行っていました。退職を契機に栽培面積を少し増やし、家庭菜園の延長でプチ農業を始めたのが、きっかけになります。
●栽培のこだわり
在職中に身に着けた野菜の栽培技術を生かし誰にも負けない野菜を生産していこうと思っています。
img-X07144912-0001
しばらくは、果菜、葉菜、根菜すべての野菜をできるだけ長い期間出荷していきますので宜しくお願いします。

img-X07144923-0001

 

 

LINEで送る

野尻徳太郎

img-X07144814-0001
プロフィール
元々兼業農家で退職後稲栽培面積を拡大、その中で小面積の水田の別活用として友人の紹介でマコモタケを植付しました。
img-X07144829-0001
世間ではあまり栽培されてないものをねらいとして無農薬で安全なものを出荷しています。自宅前の田で栽培しているので管理もしやすく自分の趣味とも合って楽しみながら出荷しています。
img-X07144841-0001

 

 

LINEで送る

塗矢眞知夫

img-X07144730-0001
プロフィール
定年退職後、10年掛けて土作りを実施。4a弱のサラサラ土壌の畑でサツマイモを栽培し、収穫後に大根の生産を行っています。
img-X07144747-0001
img-X07144739-0001

 

 

LINEで送る

忍にんファーム

img-X07144606-0001
プロフィール
忍にんファームは就労継続支援A型事業所です。 利用者が自立し日常生活、社会生活を営めるよう就労により、知識能力の向上のため必要な訓練をします。
img-X07144554-0001
ハウスの中で温度・湿度・衛生管理をし、肉厚で軸まで美味しいものを丁寧に、また大切に育てています。
img-X07144451-0001

 

 

LINEで送る